海外移住

私と夫は、アメリカでのTMS治療を終えてすぐ、東南アジアへ留学しました。現在留学中ですが、将来的にはこちらでビジネスを起こし、定住できたらと考えています。

これはアメリカへ行く前から二人で考えていたものです。日本で子供を産み育て、教育していくには多額の費用が必要です。しかし、私はきっとバリバリ働くのは難しいでしょう。かといってほぼすべての収入を夫に頼ると、夫が家族と過ごしたり休んだりする時間が無くなってしまいます。(夫が働いていた業種は高給でしたが、忙しい時は1日19時間働くほどの超激務でした)

その結果、「物価の安い国で初期費用を抑えてビジネスにチャレンジし、家族が暮らせるだけのお金を稼いで仲良く暮らそう」という考えに行きついたのです。

うつ病は「幸せってなんだろう」と考えるきっかけをくれました。今、外国で、思い通りにいかないことも多々あるとはいえ、夫と二人楽しく暮らしています。うつ病にかからなければ、今の生活は、存在しなかったかもしれません。

ただし、一般的にはうつ病患者に海外は不向きです。薬や病院の問題もありますし、なにより生活が安定するまでは精神的に不安になってしまうからです。海外生活の中でうつ病にかかってしまった方もたくさんいます。私の場合はパートナーに恵まれたおかげもあり、今のところ何とか生活できていますが、これはレアケースといえるでしょう。

 


うつ病 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へ
にほんブログ村ランキング

 

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。