おかしいなと思ったら(不安程度評価)

ベックの不安程度評価を定期的に行うことで不安程度の変化を目に見えるようにしましょう。

患者さんはうつ病の回復・薬の効果測定に、その他の方にはうつ病の予知・予防に繋がります。できる限り毎日測定し、点数を記録しましょう。

点数が低い = 不安程度が低い (良い状態)ということです。この点数によりうつ病であるかどうかを判断することはできませんが、毎日記録して、比較することで薬の効きの良し悪しや、自分の体調の移り変わりを把握することができます。

【使い方】

下記の質問に対して当てはまる選択肢をクリックしてください。

全21問設にお答えいただくと、一番下に点数が自動で表示されます。

全くない 0点、 多少あるが気にならない 1点、症状があり非常に不快 2点、我慢が出来ないほど症状が強い 3点


ベックの不安程度評価

以下の設問に対して現在のあなたに当てはまるものを選択してください。最下部に得点が自動集計されます。 得点は低ければ低いほど好状態であることを示します。
全くない 多少あるが
気にならない
症状があり
非常に不快
我慢出来ないほど
症状が強い
1.体や指先が痺れる
2.体が熱く感じる
3.足がガクガクする
4.リラックスできない
5.最悪の事態が起こる気がする
6.眩暈や立ちくらみがする
7.動悸がする・脈が速い
8.ふらふらする
9.怯えている
10.緊張している
11.息が詰まる感じがする
12.手の震えがある
13.体が震える
14.自制心を失うような気がする
15.息苦しい
16.死んでしまうのではないかと怖い
17.びくびくしている
18.消化不良や腹部の不快感がある
19.気を失いそうになる
20.顔が赤くなる
21.暑くないのに汗をかく