何かおかしいと思ったら(セルフチェック)


【私の場合】


私は、大学院生時代にうつ病を発症しました。いくつもの研究プロジェクト、履修授業の準備、先輩の補佐、研究室の雑務(経費管理や備品調達など)、学部生の指導などに忙殺されたことが原因です。私は発病(体が全く動かなくなる)まで、自分がうつ病だと疑ったことは一度もありませんでしたが、今思い起こすと以下のような初期症状がありました。


  • ・よく頭がぼうっとする
  • ・体が重い
  • ・トイレに入って便座に座りボーッとして、気が付いたら30分経っていた
  • ・身なりに気を配らなくなった

しかし、発病前は気分の落ち込みなどは一切なく、むしろ、好きな研究を頑張れる環境で充実している、とさえ思っていました。体の不調が出てきてからは、これは多忙による睡眠不足が原因だと考え(もともと長時間睡眠派の私でしたが、当時は1日3時間程度しか眠れないこともありました)、研究室の担当教授に現状を説明し、タスクを減らしたいと相談しました。しかし、教授は、「仕事量ではなくやり方の問題ではないか。手を抜くべきところは抜きなさい」というアドバイスのみで、具体的に仕事を減らしてくれることはありませんでした。むしろその後もさらにタスクを振ってきたりもしました(笑)


でも、私、手を抜くのが下手なんですよね。自分なりに手を抜いてみても「そこは手を抜くべきところじゃない」と怒られたりして、じわじわと追い詰められていきました。


それでも、好きな研究を尊敬する教授の下でできることは嬉しいことだからと、なおポジティブに捉えていました。今はきつくても、そのうち要領がつかめて楽になってくるはず、とも。


でも、私の脳は持ちこたえることはできませんでした。


 


私のように、辛い状況を辛いとも思わない、ストレスに鈍感な人もいるかもしれません。普段ポジティブ思考で、かつ諦めることが嫌いな人は、無自覚のままうつ病が進行していないか、要注意です。


周りからの指摘(顔色が悪い、ずいぶん忙しそうだね、など)に耳を傾け、ちょっと変だなと思ったら、心療内科・精神科等で相談してみるのが良いでしょう。


 


【家族の方へ】

私のように、本人が無自覚のままうつ病が進行していることもあります。また、うっすら自覚していても、病院にかかることに抵抗を感じている人もいるかもしれません。


家族の目から見て、おかしいなと思ったら、病院を勧めてください。


具体例としては以下のようなものです。


  • ・睡眠不足が続いている
  • ・身なりに気を使わなくなった(女性の場合は化粧をしなくなるなど)
  • ・何か質問をしたとき、返答に時間がかかる
  • ・ボーッと空を見つめていることが多い

心療内科や精神科に抵抗がある方もいるかもしれません。でも、目が赤く腫れたら眼科に行きますよね?湿疹ができたら皮膚科に行きますよね?そりゃ放っておけば治るかもしれませんが、長く続く場合は当然病院を勧めますよね。


それと同じで、脳もストレスを受け続けて機能低下した場合、専門家の力を借りないとうまく治せないこともあるんです。


心療内科なんて、精神科なんて、と身構えないで、数ある専門医の一つとして捉えて勧めていただけると、患者自身も行きやすいのではないかなと思います。

 


【一般的に】


なにかおかしいと思ったら、次のセルフチェックリストをやってみてください。


BDI Beck’s Depression Inventory ベックのうつ評価尺度


以下の質問表は全21のカテゴリーから成り立っています。各カテゴリーにおいて項目を注意深くお読みになり、過去一週間(今日を含む)のご自身の感情・状態に一番近いものを選択してください。もしいくつかの項目に当てはまる場合は、数字の高い方を選択して下さい。 得点は自動集計され、下部に表示されます。

    [1.悲しみ]
  1. 特に悲しい気持ちにはならない
  2. 悲しい気持ちがする
  3. いつも悲しい気持ちがし、悲しみから逃れられない
  4. 悲しみのあまり耐えられない気持ちになる
    [2.悲観]
  1. 将来に関して特に心配していない
  2. 将来が心配である
  3. 将来の展望が持てない
  4. 将来は絶望的で、状況が改善する余地は無いと思う
    [3.過去の失敗]
  1. 自分の人生はまあまあだと思う
  2. 平均以下の人生だと思う
  3. 人生を振り返ると失敗だらけだと思う
  4. 人間として失格だと思う
    [4.喜びの喪失]
  1. 生活にいつも通りの満足感がある
  2. 以前のように物事を楽しめない
  3. 真に満足することはなくなってしまった
  4. すべてに関して不満足であるし、もう飽きてしまった
    [5.罪の意識]
  1. 特に罪の意識は感じない
  2. 時々、罪の意識を感じる
  3. よく罪の意識を感じる
  4. 常に罪の意識を感じる
    [6.罰せられているという意識]
  1. 罰を受けているような気はしない
  2. 罰を受けているような気がする
  3. 罰を受けると思う
  4. 現在、罰を受けていると思う
    [7.自己嫌悪]
  1. 自分自身に失望したりはしない
  2. 自分自身に失望している
  3. 自分自身に嫌悪を感じる
  4. 自分自身を憎んでいる
    [8.自己批判]
  1. 特に他人より劣っていると考えたりしない
  2. 自分自身の弱さや失敗に敏感である
  3. いつも自分の失敗を責めてしまう
  4. 何か悪いことが起きると決まって自分を責める
    [9.自殺願望]
  1. 自殺を考えたことなど無い
  2. 自殺を考えたことはあるが、実行するつもりはない
  3. 自殺したいと思う
  4. 機会があれば自殺したいと思う
    [10.泣くこと]
  1. いつもよりないてしまうことはない
  2. いつも以上に泣いてしまう
  3. いつも泣いてしまう
  4. 以前は泣くことも出来たが、今では泣きたくても泣けない
    [11.気持ちの乱れ]
  1. 普段より落ち着きが無かったり緊張感が高いわけではない
  2. 普段より落ち着きが無く緊張感が高い
  3. 落ち着きが無く、じっとしているのが難しい
  4. 落ち着きが無い、もしくは激しい動揺/激昂があり、常に動いていたり何かをしていないと気がすまない
    [12.興味の喪失]
  1. 他人に対する関心を失っていない
  2. 以前よりも他人に関心がない
  3. 他人に対する関心は大分ない
  4. 他人に全く関心がない
    [13.優柔不断]
  1. 決断力はいつもどおりである
  2. いつもより決断を先に延ばしてしまう
  3. 決断力がいつもより大分、落ちている
  4. 何も決断できない
    [14.無価値]
  1. いつもどおりの外見だと思う
  2. 老けて見えないか、魅力がないかと心配である
  3. 外見が変わってしまい、魅力が無くなってしまったと思う
  4. 自分の姿は醜いと確信している
    [15.活力の低下]
  1. いつもどおりに仕事をしている
  2. 物事に取り掛かる前にいつもより努力がいる
  3. 何をするにも相当、努力が必要である
  4. 仕事が全然できない
    [16.睡眠の変化]
  1. いつもどおりに眠れている
  2. いつもよりやや眠りが長い もしくは いつもよりやや眠りが短い
  3. いつもよりかなり長い間寝ており、起きるのがつらい もしくは いつもより1-2時間早く目覚め、その後なかなか寝付けない
  4. 一日中寝ている もしくは いつもより数時間早く目覚め、その後眠れない
    [17.怒りっぽさ]
  1. いつもどおり落ち着いている
  2. いつもより少しイライラする
  3. 困惑したり、イライラすることが多い
  4. 常にイライラしている
    [18.食欲の変化]
  1. 食欲はいつもどおりである
  2. いつもより少し食欲がない もしくは いつもより少し食欲がある
  3. 食欲はいつもと比べて大分ない もしくは 食欲はいつもと比べて大分ある
  4. 食欲は全く無い または 食欲が常にあり、食べ続けている
    [19.集中力の低下]
  1. いつもどおり何事にも集中できる
  2. 普段より集中力がない
  3. 一つのことに長いこと集中するのは非常に難しい
  4. 何事にも集中できない
    [20.疲労感]
  1. 特に疲れを感じることはない
  2. いつもより少し疲れやすい
  3. ほとんど何をしても疲れる
  4. 疲れているので何もできない
    [21.性欲の低下]
  1. 性欲はいつもどおりである
  2. 性欲はいつもよりない
  3. 性欲は大分ない
  4. 性欲はまったくない
点数 うつ状態のレベル
0 ~ 10 この程度の落ち込みは正常範囲です。憂うつな状態です。 気分転換をしたり、信頼できる友人と時間を共にすると良いでしょう。
11 ~ 16 軽いうつ状態です。危険信号です。 悩みごとがある場合、信頼できる友人に相談するか、精神科の先生に相談しても良いでしょう。
17 ~ 20 臨床的な意味でのうつ状態との境界です。専門家の治療が必要です。
21 ~ 30 中程度のうつ状態です。専門家の治療が必要です。
31 ~ 40 重いうつ状態です。専門家の治療が必要です。
40 以上 極度のうつ状態です。専門家の治療が必要です。


うつ病 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へ
にほんブログ村ランキング

 

 

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。